ニキビは怖くない!納得のいくアキュテイン

アキュテインの注意点

ニキビは特に思春期を過ごしている若者にとっては、非常に嫌な存在です。
勿論大人になってからも厄介な存在には変わりありませんが、特に思春期の多感な時期、見た目もおしゃれも非常に気にする時期にできるニキビは劣等感ばかりで、憂鬱な気分になりがちです。

私も学生時代のニキビに悩まされ、本当に憂鬱に輪をかけて憂鬱でした。
なんで自分はこうも酷いのか、なんで他の子でお肌があんなに綺麗な子がいるのか、背中や胸元、肩の後ろにもできていたので本当に嫌で仕方ありませんでした。

今では多くのニキビを解消するための商品が沢山存在しますが、その中でも非常に強力で、本当に最後の手段と言われているような薬があります。
それがアキュテインです。

イソトレチノインという成分を主成分とした、難治性ニキビを治療するために作られた薬で、ビタミンA誘導体によって皮脂分泌を抑えることにより、肌のターンオーバーを促し、ニキビの発生を抑えまた沈静させる効果があるといわれています。

しかしながら、このアキュテインには重大な副作用と禁忌があります。
それは、催奇形性という大量にビタミンA誘導体を取り入れることで奇形児が生まれやすくなるというリスクが上がります。
その為、妊娠してる人はおろか、これから妊娠を予定している人は服用は絶対的に禁止されています。
これは厚生労働省からも警告されていることからも分かるように、非常に重大な副作用です。
また、服用中は必ず避妊も果ては禁欲を進める医師もいるようなので、女性の場合は特に本当の最終手段と考えた方がよいでしょう。

また、男女問わず精神面で影響が及ぶことが多く、鬱やそれに似た症状、最悪自殺にまで発展する可能性もあるようです。

ただし、これだけの副作用があるだけあり、効果は絶大と言われています。

また、これだけの副作用があることからも分かるように、市販では販売されていません。国内では、未承認の薬であることから、知識のある医療機関や医師が保険適用外で処方してくれるといった形か、もしくはネット通販でジェネリック医薬品を購入するかという方法があるようです。

とはいえ、通販でジェネリック医薬品を試すにも、これだけ危険ですよと言われると手を付けにくいのもあるでしょう。

ニキビ自体で心が塞ぎ込んでしまい、何かのCMでも何をしてもつまらないなど鬱のような症状に陥っている人もいるかもしれません。
一時的にでも解放されたいと願うのであれば、一度試してみる価値はあるかもしれませんが、気になる症状が出てきたら服用を中止する勇気を持つことも大事な商品ともいえるでしょう。